背中の痛みと病気

背中痛み病気の関係についてです。

肋骨の痛みで、せきや深呼吸とき背中が痛むようであれば肋間神経痛が疑われます。

背中痛み病気の関係といえば、風邪を引くと熱が出る前に、背中が痛くなったりすることがよくあると思います。風邪が治ると共に、痛みも緩和するようです。

また、背中の違和感や痛みは、血行障害の可能性もあるようです。
実は、私も気になるところです。次に、内臓疾患と背中痛みは大いに関係があります。

すい臓の病気の場合は、胃の背側にあるので、背中が痛むことが多くなります。肝臓の病気でも同様ですし、胆石も背中痛みを感じます。胃や腸、十二指腸の炎症もそうです。

空腹時の胃の痛みや、ムカムカ感の症状が見られたり、お酒やストレスで、肝臓が疲れていると思われる方で、背中痛みを伴うようであれば、速やかに受診をしてください。

背中痛みによって、上記のような肋間神経痛、血行障害、すい臓の病気、肝臓の病気、胆石、胃や腸、十二指腸の炎症などの病気がみつかるかもしれません。
気をつけましょうね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

背中の痛み
背中の痛みを感じたら心配になりますね。 背中の痛みの原因はいろいろ考えられます。......
背中の痛みの原因
背中の痛みの原因は何があるのでしょう。 背中の痛みといえば、生活習慣やデスクワー......
背中の痛みと内蔵
背中の痛みと内蔵の疾患は、深くかかわりがあります。背中の痛みが継続し、また、急激......
背中の痛みと肝臓
背中の痛みと肝臓について考えてみましょう。 背中の痛みから内蔵の病気を疑うのも、......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

背中の痛み:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--u9j8a204n7f9acpl.cellz.info/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。